淡路ハイウェイオアシス

兵庫県立淡路島公園内に位置し、世界最長のつり橋”明石海峡大橋”と瀬戸内海を一望できる淡路島のランドマーク。

高速道路(降りずに行けます)と一般道の両方からアクセスできます。

公式サイト

http://www.awajishimahighwayoasis.com

公式サイトでは、「食べる」「遊ぶ」「買う」をテーマに淡路ハイウィエイオアシスの魅力を伝えています。

食べる

施設内にある6つのレストランを紹介。

御食家「みけ家」

淡路島の旬の食材を使った和食から洋食まで、幅広いメニューが用意されているのが特徴。

淡路牛をはじめ、淡路産の鯛や鰆、釜揚げしらすなどが味わえます。

鮨処 すし富

昔ながらのカウンター席があるお寿司屋さん。目の前で職人さんがお寿司を握ってくれます。

沼島の鱧(はも)、由良の赤雲丹(うに)、福良の3年とらふぐなど淡路島の旬食材を堪能できます。

Trepici(トレピチ)

淡路島産デュラム小麦のセモリナ粉と北海道産の小麦を配合した太麺パスタ(直径3ミリ)「ピチ」の専門店。「ミシュランガイド東京」にて、7年連続で星を獲得している前田慎也シェフがメニューをプロデュース。

ピザ窯もあり、高温で焼きあがったピザ生地は外はパリッとし中はもっちりとしているのが特徴。ニンニクや唐辛子を使っていないので、子どもも一緒に食べることができます。

▶2020年11月24日より新メニュー登場(2020年11月2日)

和食処 鯛料理「大富」

天然の鯛を使った鯛めしが名物。

鯛以外にも、太刀魚やマナガツオ、鰆など旬の魚料理が楽しめます。

Cafe Oasis

気軽に利用できるのがカフェオアシス。

コクが深いのが特徴である淡路牛乳でつくった”みるくソフト”や、淡路牛と淡路玉ねぎを使ったハンバーガー「オアシスバーガー」などが味わえます。

うどん・丼 おあしすキッチン

淡路島の旬の食材を使ったローカルフードコート。ライブキッチンで調理の様子を見ることができます。

テイクアウトできる淡路牛めし弁当や淡路島たこめし、淡路牛コロッケも人気です。

遊ぶ

兵庫県立淡路島公園内に位置しているため、遊ぶところはたくさんあります。

公園内には、約50,000平方メートルもの大きな芝生広場や、全長66メートルのローラー滑り台、夏には水の遊び場で水遊びができます。

アニメパーク「ニジゲンノモリ」や、グランピングが楽しめる「グランシャリオ北斗七星135°」があります。

買う

淡路ハイウィエイオアシスのオアシス館では、淡路島の海産物やお土産などがたくさん販売されています。

お土産人気NO.1の「たまねぎスープ」。蛇口をひねると玉ねぎスープが出てくることで名物になっています。

他にも、淡路島たまねぎドレッシングや地ビール「あわじびーる」など、品ぞろえが豊富でどれを買おうか迷ってしまいます。

基本情報

営業時間9:00~20:00 ※店舗、曜日、季節によって異なる
定休日店舗によって異なる
駐車場大型観光バス51台、普通車560台
住所〒656-2401  兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
電話番号0799-72-0220
URLhttp://www.awajishimahighwayoasis.com
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路SA(上り・下り)から直結
詳細はコチラ
備考

地図

淡路島を見るの最新記事8件